これは、SNES にのみ適用可能なメモリマップである。

"LoROM", "HiROM" 等の異なる種類のカートリッジが
アドレスバス A に配置される。
カートリッジは、/CART 信号がアクティブな時に反応する。
どちらのバスのアドレスにも反応できるが、
片方はマップされない。
同様に、拡張ポートにデバイスが接続された時、
アドレスバス B の何もマップされていないレジスタに反応するだろう。

WRAM は、/WRAM 信号がアクティブな時はアドレスバス A に、
レジスタ $2180 〜 $2183 を通してアドレスバス B に配置される。

APU は、アドレスバス B の $40 〜 $7F に配置される。

PPU1 と PPU2 は、アドレスバス B の $2100 〜 $213F に配置される。

表の、"スピード" 列はその領域のメモリのアクセス速度を表す。
SNES のマスタークロックは約 21MHz である
(おそらく、1.89e9/88 Hz に近い)。
CPU の内部動作サイクルは常に 6 マスターサイクルで、
Fast メモリアクセスサイクルは 6 マスターサイクル、
Slow メモリアクセスサイクルは 8 マスターサイクル、
XSlow メモリアクセスサイクルは 12 マスターサイクルかかる。

|バンク|アドレス|スピード|マッピング|h
|$00-$3F|$0000-$1FFF|Slow|アドレスバス A + /WRAM (ミラー : $7E:0000-$1FFF)|
|~|$2000-$20FF|Fast|アドレスバス A|
|~|$2100-$21FF|Fast|アドレスバス B|
|~|$2200-$3FFF|Fast|アドレスバス A|
|~|$4000-$41FF|XSlow|内部CPUレジスタ (注 1 参照)|
|~|$4200-$43FF|Fast|内部CPUレジスタ (注 1 参照)|
|~|$4400-$5FFF|Fast|アドレスバス A|
|~|$6000-$7FFF|Slow|アドレスバス A|
|~|$8000-$FFFF|Slow|アドレスバス A + /CART|

**65816 HiRomモード [#w00649b2]
|バンク|アドレス|内容|ミラーバンク|h
|0x00-0x2F|0x0000-0x1FFF|RAM|0x7E|
|0x00-0x2F|0x2000-0x2FFF|I/Oポート (PPU1, APU)||
|0x00-0x2F|0x3000-0x3FFF|I/Oポート (SFX, DST, etc)||
|0x00-0x2F|0x4000-0x41FF|I/Oポート (PAD)||
|0x00-0x2F|0x4200-0x5FFF|I/Oポート (PPU2, DMA, etc)||
|0x00-0x2F|0x6000-0x7FFF|未使用||
|0x00-0x2F|0x8000-0xFFFF|ROM||
|0x30-0x3F|0x0000-0x1FFF|RAM||
|0x30-0x3F|0x2000-0x2FFF|I/Oポート (PPU1, APU)||
|0x30-0x3F|0x3000-0x3FFF|I/Oポート (SFX, DSP, etc)||
|0x30-0x3F|0x4000-0x41FF|I/Oポート (PAD)||
|0x30-0x3F|0x4200-0x5FFF|I/Oポート (PPU2, DMA, etc)||
|0x30-0x3F|0x6000-0x7FFF|バッテリーバックアップRAM||
|0x30-0x3F|0x8000-0xFFFF|ROM||
|0x40-0x6F|0x0000-0xFFFF|ROM||
|0x70-0x77|0x0000-0xFFFF|バッテリーバックアップRAM||
|0x78-0x7D|0x0000-0xFFFF|未使用||
|0x7E|0x0000-0x1FFF|RAM||
|0x7E|0x2000-0xFFFF|RAM||
|0x7F|0x0000-0xFFFF|RAM||
|0x80-0xEF|0x0000-0xFFFF|バンク0x00-0x6Fのミラー||
|0xF0-0xFF|0x0000-0xFFFF|ROM||

**SPC 700 [#yafa1af3]
|アドレス|内容|h
|0x0000-0x00EF|RAM|
|0x00F0-0x00FF|I/Oポート (DSP)|
|0x0100-0x7FFF|RAM|
|0x8000-0xFFBF|RAM?|
|0xFFC0-0xFFFF|ROM(起動用)|

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS