Stack Relative (スタック相対)

スタック相対モードは、スタックポインタをベースアドレスとして、 1 バイトのオフセットを加算したアドレスにアクセスする。

スタックポインタは、常にスタック上での次の有効な場所を指している。 よって、オペランドに 1 を指定すると、スタックに対して最後にプッシュされた値を指す。 0 を指定すると、最後にポップされた値を指すことになる。 割り込みが発生するとスタックの状態が変更されるので、注意する必要がある。

LDA 7,S


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-27 (日) 15:52:52 (3218d)