スプライトは、OAM (オブジェクト属性メモリ) を操作することによって動かします。

OAMエントリ  属性 0,1

ビット番号説明
0 〜 7Y 座標
8 〜 9回転/スケール (00: ノーマル, 01: 回転/スケール, 10: 無効, 11: 2倍 回転/スケール)
10 〜 11モード (00: ノーマル, 01: 透過, 10: オブジェクトウインドウ, 11: ビットマップ?)
12モザイク (1: 有効)
13色深度 (0: 16, 1: 256)
14 〜 15形状 (00: 真四角, 01: 横長, 10: 縦長, 11: それ以外)
16 〜 24X 座標
25 〜 27回転/スケール 行列インデックス
28水平反転 (0=ノーマル, 1=反転)
29垂直反転 (0=ノーマル, 1=反転)
30 〜 31サイズ
真四角横長縦長
08x816x88x16
116x1632x88x32
232x3232x1616x32
364x6464x3232x64

真四角・横長・縦長の設定は 15..14 形状 で行います。

OAMエントリ  属性 2

9..0タイルインデックス
11..10優先度(プライオリティ)0が最高
15..12パレットインデックス

属性 3 は、スプライトの回転/スケールパラメータです。

それぞれのコアは 128 個のスプライトを動かします。 768 バイトを操作します。 スプライト毎に散在している、256 バイトは回転/スケールです。

OAM の場所:


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS