スタック相対間接Yインデックス (Stack Relative Indirect Indexed Y)

このモードは、ゼロページ間接インデックスと同じように、 置かれたデータのベースアドレスを指すために使う。 まず、スタックの現在の位置から 1 つ目のオペランドの値を加算し、 そのあと Y レジスタの値をさらにオフセットとして加算する。

このモードでは、アドレス値がすでにスタックに積まれているものと仮定し、 簡単にデータの置かれたアドレスにアクセスできるようにする。

10   LDY #0
20   LDA (1,S),Y   ; 16 ビットのアドレス値を取得
30   TAX           ; A を X に保存
40   LDY #2
50   LDA (1,S),Y   ; 2 つ目のアドレスを取得

LDA ($22,S),Y


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS