ORA (OR Accumulator with Memory)

[アキュームレータとメモリの論理和]

6502 の ORA と同じ動作で、新しいアドレッシングモードが使えるようになっている。 16 ビットメモリ/アキュームレータモードの時 (m=0)、データを 16 ビット幅で扱うことができる。 下位バイトは実効アドレスに入り、上位バイトは実効アドレス + 1 に入る。

フラグ変化

n-----z-

n : 結果の最上位ビットがセットされている時、セットする
z : 結果が 0 の時セット

コード一覧

アドレッシングモード文法オペコードバイト数命令サイクル
ImmediateORA #const092*21
AbsoluteORA addr0D341
Absolute LongORA long0F451
Direct PageORA dp05231,2
Direct Page IndirectORA (dp)12251,2
Direct Page Indirect LongORA [dp]07261,2
Absolute Indexed,XORA addr,X1D341,3
Absolute Long Indexed,XORA long,X1F451
Absolute Indexed,YORA addr,Y19341,3
Direct Page Indexed,XORA dp,X15241,2
Direct Page Indexed Indirect,XORA (dp,X)01261,2
Direct Page Indirect Indexed,YORA (dp),Y11251,2,3
Direct Page Indirect Long Indexed,YORA [dp],Y17261,2
Stack RelativeORA sr,S03241
Stack Relative Indirect Indexed,YORA (sr,S),Y13271

* : m=0 (16-bit メモリ/アキュームレータ) の時 1 バイト増加 1 : m=0 (16-bit メモリ/アキュームレータ) の時 1 サイクル増加 2 : ダイレクトページレジスタの下位バイトが 0 でない場合 1 サイクル増加 3 : インデックスがページ境界をまたいだ場合 1 サイクル増加


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-27 (日) 15:52:57 (2448d)