LDX (Load X Register from Memory)

[Xレジスタに値をロード]

6502 の LDX と同じ。 違いは、16 ビットインデックスレジスタモードがあるところで (x=0) 、 このモードの時、データは 16 ビット幅で扱われる。 下位バイトは指定されたアドレスが、 上位バイトは指定されたアドレス + 1 が使われる。

フラグ変化

n-----z-

n : メモリデータの最上位ビット
z : ロードしたデータが 0 の時セット

コード一覧

アドレッシングモード文法オペコードバイト数命令サイクル
ImmediateLDX #constA22*21
AbsoluteLDX addrAE341
Direct PageLDX dpA6231,2
Absolute Indexed,YLDX addr,YBE341,3
Direct Page Indexed,YLDX dp,YB6241,2
* : x=0 (16-bit インデックスレジスタ) の時、1 バイト追加
1 : x=0 (16-bit インデックスレジスタ) の時、1 サイクル追加
2 : ダイレクトページレジスタの下位バイトが 0 でない時、1 サイクル追加
3 : インデックスの追加時にページ境界をまたいだ時、 1 サイクル追加

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-27 (日) 15:52:57 (2450d)