as3corelib

(サンプル一覧を表示する)


[ライセンスの種類: New BSD License]

as3corelib は、Adobe で Flash のプロダクトマネージャをされている Mike Chambers さんのグループが作られたライブラリで、Google Code 上でソースコードも含めて公開されています。


・as3corelib (Google Code)
http://code.google.com/p/as3corelib/

・Mike Chambers さんのページ
http://groups.adobe.com/people/b3b0960bc4/

・asdoc 形式のドキュメント (英語)
http://hikipuro.is-a-geek.org/flash/lib/doc/as3corelib-.92.1/



as3corelib を使うと、AS3 の標準ライブラリには含まれていない、便利な機能を使うことができます。
  • JSON エンコーダ・デコーダ
  • 各種ハッシュ (MD5, SHA1, SHA224, SHA256, HMAC, WSSE Username Token)
  • JPEG エンコーダ・PNG エンコーダ

他にも、Array を便利に使うためのユーティリティクラス等が含まれていますが、主に使うのはこの 3 種類だと思います。
Flash の実行画面
as3corelib

Flashプレーヤーが入っていないか、JavaScriptが無効になっているようです。

Get Adobe Flash player

as3corelib
JSON のデコードと MD5 ハッシュ値の取得テスト

ソースコード

package 
{
	import com.adobe.crypto.MD5;
	import com.adobe.serialization.json.JSON;
	import flash.display.Sprite;
	import flash.events.Event;
	import flash.text.TextField;
	import flash.text.TextFieldAutoSize;
	
	/**
	 * as3corelib のサンプル
	 * @author Hikipuro
	 */
	public class Main extends Sprite 
	{
		/**
		 * JSON のサンプルデータ
		 */
		private var jsonSample:String =
			'[' +
				'{ "name": "名前-01", "age": "20" }, ' +
				'{ "name": "名前-02", "age": "21" }, ' +
				'{ "name": "名前-03", "age": "22" } ' +
			']';
		
		/**
		 * 結果表示用のテキストフィールド
		 */
		private var textField:TextField;	
		
		/**
		 * コンストラクタ
		 */
		public function Main():void 
		{
			if (stage) init();
			else addEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, init);
		}
		
		/**
		 * 初期化メソッド
		 * @param	e
		 */
		private function init(e:Event = null):void 
		{
			removeEventListener(Event.ADDED_TO_STAGE, init);
			// entry point
			
			// テキストフィールドの準備
			textField = new TextField();
			textField.autoSize = TextFieldAutoSize.LEFT;
			textField.x = 10;
			textField.y = 10;
			addChild(textField);
			
			// 処理結果を入れる変数の準備
			var message:String = "";
			
			// JSON のデコード
			message += "JSON のデコードテスト\n";
			var objectArray:Array = JSON.decode(jsonSample);
			
			for each (var object:Object in objectArray) {
				message += object.name + ", " + object.age + "\n";
			}
			message += "\n";
			
			// MD5
			message += "MD5 のテスト\n";
			
			var sourceString:String = "あいうえお";
			var md5string:String = MD5.hash(sourceString);
			message += sourceString + " => " + md5string;
			
			// 結果の表示
			textField.appendText(message);
		}
	}
}
		


FlashDevelop で外部ライブラリを使用するときは、 lib フォルダに SWC ファイルを追加した後、右クリックして "Add To Library" を選択してください。

ライブラリの設定 1


ライブラリ名が青くなったら、ビルド時に使用されるようになります。

ライブラリの設定 2

外部リンク