解像度上下ともに 256x192
VRAMバンク数A〜I の9個?

ディスプレイタイミング

  • ドットクロック = 5.585664 MHz (=33.513982 MHz / 6)
  • 水平タイミング: 256 dots visible, 99 dots blanking, 355 dots total (15.7343KHz)
  • 垂直タイミング: 192 lines visible, 71 lines blanking, 263 lines total (59.8261 Hz)
  • 3DエンジンのV-Blankサイクルは 23 ライン分です。 191〜213.
  • スクリーンサイズは 62.5mm x 47.0mm です。(256x192 ピクセル)
  • 2つのスクリーン間の隙間は 22mm です。(90 ピクセル分くらい)

ビデオモードについて

  • ビデオモードは、ファミコンやスーファミのようなタイルモード(テキストモード)と、画面の画素とメモリが1対1に対応するフレームバッファモードがある。
  • タイルモードとフレームバッファモードは切り替えて使用する。

エンジン

  • 2つの2D処理エンジンがあって、それぞれエンジン A・エンジン B、もしくは メインコア・サブコアと呼ばれています。
  • 画面と1対1に対応します。
  • エンジン A のみ 3D を扱うことができます。

ビデオの使用方法

  • 1.電源管理レジスタに、ビデオ関連の要素をONにするよう指示を出す(powerON関数を呼び出す)
  • 2.VRAMバンクをセットする(vramSetMainBanks関数など)
  • 3.ビデオモードを決める(videoSetMode関数)
  • 4.タイルやパレットの配置
  • 5.V-Blank中にタイルの配置を済ませて、スプライトの属性構造体をOAMに転送する
  • 6.5に戻ってループ (フレームバッファモードでは、スプライトやタイルなどは使えないようです。)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-27 (日) 17:45:26 (1512d)