ITCM にコードを配置する

命令 TCM 領域にコードを配置するサンプルです。 命令 TCM に配置することで、メインメモリにアクセスすることなく コードを実行することができます。

スタックポインタの値を確認する

スタックポインタってどこを指してるの? って気になったのでチェックしてみました。

スタックポインタを変更する

DevKit の標準の設定ではスタックポインタが DTCM を指しているので、 メインメモリを指すように変更してみました。

変数の配置を確認する

変数を宣言する場所によって、メモリ上の配置の仕方がどう変わるのか チェックしてみました。

コードの実行時間を測定する

ゲームのメインループ 1 回分の処理時間を測定したいんだけど… というような時は、このサンプルを見てみてください。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-27 (日) 17:45:23 (1393d)